自分で簡単にできる薄毛対策法を紹介します|抜け毛対策ガイド|抜け毛を防ぐための秘訣・解決策伝授

自分で簡単にできる薄毛対策法を紹介します

薄毛に悩んでいるのは男性だけでなく女性にも結構いて、十代や二十代の若い年代にもたくさんいます。最近では多くの病院やクリニックで薄毛を改善する治療を受ける事ができるようになっていますが、自分で簡単にできる薄毛対策というものは色々とあるのでいくつか紹介したいと思います。

自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶ

自分でできる薄毛対策の1つが自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを購入して使用するという事です。頭皮の状態には大きく分けてオイリー肌と乾燥肌がありますが、乾燥肌の方がオイリー肌用のシャンプーを使い続けていると頭皮の状態を悪くしてしまい、それが抜け毛や頭皮の痒みなどの原因になり、結果的に薄毛になってしまいます。逆にオイリー肌の方が乾燥肌用のシャンプーを使い続けると、同じように頭皮の状態が悪くなり抜け毛やフケなどの原因になってしまうので、きちんと自分の頭皮に合ったシャンプーを選んで購入し使うという事が重要となります。

ストレスをため込まず上手に発散する

抜け毛の原因には生活習慣や食生活なども影響してきますが、精神的なストレスも影響してきます。精神的なストレスは仕事や家庭内で溜まってしまうものですが、ストレスはあまりため込まず上手に発散するという事が抜け毛予防になり、薄毛対策にも繋がっていきます。休日は自由に過ごしたり、ジムで汗を流したり、買い物をしてストレスを発散させるなど自分に合った方法で上手にストレスを解消し、ストレスを溜め込まないようにするとそれが薄毛対策になります。上手にストレスを解消できない、良い解消法が見つからないという方は一人で悩まず誰かに相談したり、アドバイスをもらうなど人を頼ってみるのもいいかもしれません。

頭皮に刺激やストレスを与えない対策

夏場や日差しが強い日に帽子もかぶらず、長時間炎天下の中にいるのは頭皮にはあまり良くありません。夏場や日差しが強い日に外にいる場合は帽子をきちんとかぶり、汗をかいたらこまめに拭くようにしなくてはいけません。汗をかいた状態のまま放置してしまうと頭皮に刺激やストレスを与えてしまうので抜け毛の原因になってしまいます。たくさんの汗をかいた場合はそのまま放置せず、シャワーを浴びたりする事も必要となります。また髪を乾かす際にはドライヤーを使って素早く乾かしたり、タオルで強くこすらないなどの細かい対策も薄毛対策になります。

まとめ

薄毛対策には自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを使う事、あまりストレスをため込まず上手に発散する事、髪を乾かす際にはドライヤーを使って素早く乾かしたり、タオルで強くこすらないなど自分で簡単にできる対策法は色々とありますが、どの方法もとにかく続けていく事が大切なので自分が続けていける方法を見つける事がとても重要となります。

案件紹介

コラム記事